2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

リンク

仕事の話

2013年9月12日 (木)

いいわぁ~!

今日はダイナミックな大物&地形を楽しむポイントへ。
エントリーと同時にキビナゴの群れに囲まれ、しばし動く事もなくキビナゴを
楽しむ事にしました。

0912
塊になったり、バラけたりと・・・見ていて飽きないのがキビナゴの良いところ。
途中でツムブリの群れやニジョウサバ、スマガツオもやってきて海の中は賑やか。
気持ちのよい1本でした。

午後はハナヒゲウツボを狙ってみました。
最後にハナヒゲを2個体発見したのですが、キビナゴの群れやツムブリ!

0912_2
このツムブリは予想していなかったので慌てて写真を撮りました。

0912_3
ホシゾラワラエビも定位置にペアで住んでいました。
次回も同じ所にいてね。

2013年9月 3日 (火)

台風一過?

まだまだ近くに台風があるのですが、海は落ち着きを取り戻しつつあります。
今日のダイビングは通常通りで台風の影響は・・・ほぼ無しといえます。

0903
こんな綺麗な光景に出合ったら「台風ってなに?」ってな話になりますよね。

0903_2
ハナダイ系の他にもスカシテンジクダイがびっちり!
ただ・・・オグロエソが頻繁にアタックしておりました。

0903_3
他にもキンメモドキや周りの風景に溶け込んでいた真っ白なニライカサゴなど・・・

0903_4
気持ちよく潜る事が出来ましたよ!

2013年8月31日 (土)

ワイドもマクロも

久しぶりの海ネタでしょうか?
台風でしたが、しっかりと潜っていたんですよ!
さて今日はマクロネタからのワイドネタです。

0831
洞窟に続く水路で小さい被写体を探し、洞窟へとなだれ込みます。
キンチャクガニ・・・結構な確率で発見していたのですが、撮影は久しぶりです。

0831_2
その後の洞窟は、相変わらずのギラギラ感で最高です!
午後もマクロネタからのワイドネタです。
イシガキリュウグウウミウシがウロウロしていました。

0831_3
正面からが一番撮りやすいので・・・
そこからネムリブカなどを経てキビナゴ!

0831_4
大量のキビナゴの塊がくっつき、別れ、またくっつく!
キビナゴの動きに大興奮でした。

2013年8月15日 (木)

サンゴきれいやでぇ~!

このポイントはどこを見てもサンゴが元気に育っております。

0815
今日は少々うねりが入っていたので、水面ギリギリのサンゴを撮るのは

0815_2
難しかったので・・・同じような写真になってしまいました。

0815_3
頭上では波が砕けて真っ白な海水が。そこに太陽光が入ってオーロラに。

0815_4
こんな綺麗な光も楽しめて最高の1本でした!

2013年8月13日 (火)

うねり少々。

今日の外海は少々うねりが入っておりました。
はるか遠くにある台風11号の影響のようです。

0813
水中は至って穏やかで、太陽の光を楽しんだり、キビナゴの群れと遊んだり。

0813_2
下の黒いのが岩。その上の塊がキビナゴです。なかなか楽しい午前中でした。
午後は雰囲気をガラリと変えてキンメモドキの根へ。
ここはあまりダイバーが入っていないのでキンメも多く、がっつりキンメを楽しむには
最高のポイントではないかと・・・

0813_3
全員こっちを向いて泳いでくるザ・キンメモドキ!みたいな写真にしてみました。

0813_4
根には見慣れないアワセイソハゼ属の1種-3かな?そんな雰囲気の魚が。
前にアダン下で見た魚だな。マクロのネタもインプットしとこ。

2013年8月10日 (土)

少し気になります・・・

フィリピンの東に発生した台風11号。今後の動きにご注意ください。
せっかく台風が無い素敵な夏を過ごしていたのにねぇ~。

さて、台風の事は忘れて・・・いつもの砂地にある魚が多い根での話。
ここはスカシテンジクダイがごっちゃり群れています。

0810
この魚たちは他の魚に狙われ、捕食されてしまうんですね。

0810_2
根にはハダカハオコゼがスカシテンジクダイを“ジーッ”っと見つめていますし、

0810_3
砂地にはオグロエソが集団で狙っています。スキがあれば下から泳いで行って
パクッ!っと捕食する姿を見ることができます。

午後はサンゴのきれいなポイントへ。

0810_4
サンゴも地形も楽しめるので60分でも時間が足りないんです。

0810_5
水面を見ると浅瀬のサンゴが水面に映り込んでとってもきれいです。
サンゴの上にはいつものサザナミフグが休憩中。

0810_6
先日のサンゴの隣のサンゴの上でお休み中の所を撮影させてもらいました。

2013年8月 8日 (木)

今日も青い海でした。

朝一番でひたすら東進。

0808_2
青の楽園でダイビングしてまいりました。
キビナゴにアタックするスマガツオやニジョウサバ、イソマグロやグルクンも。

0808_3
途中でネムリブカ(サメ)まで登場!
ずーっと魚が途切れないので潜っていて楽しかったですよぉ~!

午後は内海でソフトコーラル三昧。

0808_4
見渡す限りのトサカ。カラフルですよねぇ~。
この子は・・・何ウサギガイなんだろう?

0808_5
ウミウサギガイにしては外套膜の色が違いすぎる・・・。

2013年8月 7日 (水)

やっぱり夏は光!

今日も良い光に包まれてきました。

0807
光の神が降りてきたような神々しさすら感じます。
光を十二分に楽しんだ後はタイドプールへ。水温33℃で暑かった。
大潮の最干潮ですので、こんな写真を撮ることだってできます。

0807_2
でも画角が足りませんで・・・サンゴ・水面の向こうの青空と中途半端な感じ。

0807_3
再び光のシャワーを浴び午後のダイビングは終了です。
午前中は大物狙いのポイント。
ナポレオン!イソマグロ・ツムブリ・ニジョウサバ・各種グルクン・キビナゴ・・・
たくさんの魚に囲まれてきたんですが、なぜか写真はキンメモドキ。

0807_4
あれ?大物の写真はどこに行ったんだろう。

2013年8月 4日 (日)

午後は外洋の人気ポイントへ。
最近のココはキビナゴが多く、それを狙って大型回遊魚が確実に見られる。

0804
今日もカイワリの仲間、ニジョウサバ、スマガツオなどなど・・・

0804_2
目の前でキビナゴを捕食する姿は圧巻!
こっちでスマガツオがアタック!隣でニジョウサバがアタック!!そりゃ凄かった。
流れの中、岩陰に隠れて捕食ショーを見る男子4人でした。

午前中はサンゴに癒されてきましたよぉ~!

0804_3
ここのサンゴはいつ見ても元気やなぁ~。

2013年8月 1日 (木)

光サイコー!

今日は光のシャワーをたくさん浴びてきました。
まずはこのシャワーから。

0801
ギラギラと差し込む光を浴びて癒されてきました。
ちょっと移動して上を見ると、ぽっこりと穴が開いています。

0801_2
ちょうど太陽を遮るように岩が出ておりまして・・・岩の周りから光の筋が幾重にも。
この景色は水中で直接見みないとねぇ~。

0801_3
次の穴に移動してさらに光に感激。2匹のネムリブカもゆっくりと遊んでくれました。
最後はカルイシガニ?など甲殻類を探しながら進んでエキジット。

0801_4
このカルイシガニは甲羅から何からデコボコで、おまけにハサミ脚の大きさが左右で
違うといわれています。この個体はあまり左右での違いが感じられませんけど。
そしてカルイシガニは有毒蟹のようで・・・小さいカニですから食べる事は
無いと思いますが、食べるときは気をつけましょう。

より以前の記事一覧